食事も美味しい

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特徴が異なります。入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってちょうどくるのはインプラントです。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。義歯でも、見た目や使用感をもとめられるなら、何といってもインプラントです。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーをもつ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、たとえば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことが出来ますし、見た目の美しさにも優れています。この最新の治療法には、歯科医を始め、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

自分の骨

新たな歯科医療の形として期待がもたれるインプラン(考えや構想をいうこともあります)トですが、治療をうけるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどする事によっても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありないでしょう。ガムを噛んだ程度では、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト全体は全く影響をうけないほどに強度を備えています。持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。外科手術をうけた所以ですから、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。歯科治療の中にも、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラン(考えや構想をいうこともあります)トを定着させるので万一、人工物のインプラン(考えや構想をいうこともあります)トと自分の骨が周辺組織によってなじ向ことなく骨の中にインプラン(考えや構想をいうこともあります)トが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるでしょう。人工歯根を骨に埋め込向ことに、抵抗がある方もいるかもしれないでしょうが、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トが金属アレルギーで入れられないことはまずありないでしょう。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

感染症対策は重要

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛向ことが出来るはずですし、見た目の美しさにも優れています。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなう普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。治療をうける歯科医院を選択するときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとサイトに載せている歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、すごく深刻化する危険性も承知しておいてちょーだい。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯創りの治療です。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込向ことによって違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使いつづけられます。インプラント治療をうけようとすると、すべて自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてちょーだい。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことは出来るはずです。確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことが出来るはずです。確定申告をおこなうときには、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費と伴に、1年分をもれなく保管してちょーだい。

長く快適に使える

どんな完璧なインプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行ない、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことをつづけなければなりません。インプラントが虫歯になることはないでしょうが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。人工物であるインプラントが虫歯になることはないでしょうがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導して貰い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してちょーだい。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあるでしょう。これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)計画を立てていってちょーだい。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。特質として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の適用には、頭部のCT検査を始め、多彩な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行ない、その上で治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)方針を決めて治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に取りかかるため安全性を確認しながら治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を受けられます。一通りの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が終わったアトは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。

インプラントを埋入

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術がオワリ、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大聴く削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って創られているためです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を初める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでいろんな症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)になります。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などが原因で、大聴く歯を削った場合でも、歯根部がのこせれば冠のような形の義歯を創り、クラウンという名前の義歯をはめ込んでいけます。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。