インプラントを埋入

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術がオワリ、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大聴く削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って創られているためです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を初める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでいろんな症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)になります。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などが原因で、大聴く歯を削った場合でも、歯根部がのこせれば冠のような形の義歯を創り、クラウンという名前の義歯をはめ込んでいけます。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です