ランニングなどについて

勉強をしました。ランニングによるインターバルトレーニングであれば、運動時の心拍数を毎分180拍程度に高め、それを歩行やジョギングにより毎分120拍程度まで下げ、これを繰り返します。

インターバルトレーニングは長距離走選手やマラソン選手の専門的なトレーニングの1つとして用いられてきましたが、今日では水泳やその他の競技種目においても広くおこなわれています。

筋持久力を高めるためには、筋肉が力を発揮している時間をできるだけ長く、あるいは運動の反復回数をできるだけ多くすることが必要です。

バーベルやダンベルなどの重量物を用いてトレーニングをおこなう場合には、負荷の強さは連続して20~30回以上反復できるものとし、軽快なテンポでリズミカルに動作を反復します。

また上体起こし、懸垂腕屈伸、腕立て伏せのような運動によるトレーニングにおいても、できるだけ多くの回数(20回以上が効果的)を繰り返しおこなうようにします。

そのようなトレーニングをおこなうと、運動にかかわる筋肉の毛細血管が発達して血流量が増し、たくさんの酸素を筋肉に運ぶことができるようになり、筋持久力が向上します。頭皮美容液